のぼり活用術 のぼりは、街を歩いていてもよく見かけますが、いくつか種類があるのを知っていますか?

のぼりを作る時は、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

のぼりの価格については、業者による違い、種類による違い、デザインによる違いがあります。

・のぼりの価格について

のぼりの価格については、のぼりを製造販売している業者による違いもありますし、デザインが違えば使用するインクの種類も変わるので、価格も変わってきます。

また既製品は価格が安い物は多いですが、オーダーメイドになると少し価格は上がってきます。

どんなのぼりを希望するかにより、価格は変わりますので、のぼりを扱っている業者を比較してから決めるのがおすすめです。

・まとめ買い

業者による違いもありますが、大抵は1本から購入できます。

単価も業者によって変わりますが、大体1本500円から600円台のところが多いです。

のぼりを印刷する時に、インクのシミが付いてしまう事があります。

大きく目立つシミの場合は商品になりませんが、よく目を凝らさないと見えないような小さいシミがあるものを、訳あり商品として安く販売する事があります。

コストを抑えたい場合は、こういう訳ありで見た目にはほとんどわからない物を選ぶのもいいかもしれません。

・まとめ

訳ありの商品なら、それほど違いはわかりませんし、安く済むのでメリットは多いです。

ただし安いのぼりはそれだけ注目されるので、意外と早く売れます。

ただしこういった印刷ミスは、たまにしか起きませんから、欲しいときにあるとは限りません。

また本数もそれほど多くはないので、見つけたら早めに注文しておくと安心です。

Comments are closed.

Post Navigation