のぼり活用術 のぼりは、街を歩いていてもよく見かけますが、いくつか種類があるのを知っていますか?

のぼりにはたくさんのデザインがあります。

のぼり旗はイメージ合わせてたくさんのデザインから選べます。

・のぼりデザイン

のぼりのデザインは、業者による違いはありますが、種類が豊富です。

既製品から選ぶ場合は、いくつか定番のデザインもありますので、そこから選んでおけば間違いないでしょう。

例えばセールしている日に使いたい場合は、「セール」というのぼりの中から好みのデザインや、店のイメージに合うデザインを選ぶという感じです。

同じセールでも季節感を出したい場合は、色を変えるとか、季節の文字が入ったデザインを選ぶと雰囲気が出ます。

・変わったのぼり

のぼりには種類があるので、街でよく見かける定番サイズ以外にもいろいろな大きさがあります。

縦型の定番サイズを少し小さくした物、大きくした物は、大きさが違うだけでも印象が変わります。

のぼりは縦型というイメージですが、横型もありますし、横断幕のような大きいサイズも選べます。

◆気になる記事:http://www.iwanichi.co.jp/kitakami/17135.html

・まとめ

のぼりはポリエステル製が主流ですが、発色が良い、扱いやすいという反面燃えやすいというデメリットがあります。

こういう場合は防災加工を施す事もできますので、安全性を重視するならこういった加工をしておくといいかもしれません。

ガソリンスタンドで使うのぼりには、防災加工を施したものが多いです。

他にも火を扱う場所や、通りすがりの人のタバコの火が燃え移る可能性がある時にも、防災加工をしておくと安心です。

既製品にも後から加工ができるので、高い防災性を求めるときにおすすめです。

Comments are closed.

Post Navigation