のぼり活用術 のぼりは、街を歩いていてもよく見かけますが、いくつか種類があるのを知っていますか?

Author Archives: Admin01

のぼりにはたくさんのデザインがあります。

のぼり旗はイメージ合わせてたくさんのデザインから選べます。

・のぼりデザイン

のぼりのデザインは、業者による違いはありますが、種類が豊富です。

既製品から選ぶ場合は、いくつか定番のデザインもありますので、そこから選んでおけば間違いないでしょう。

例えばセールしている日に使いたい場合は、「セール」というのぼりの中から好みのデザインや、店のイメージに合うデザインを選ぶという感じです。

同じセールでも季節感を出したい場合は、色を変えるとか、季節の文字が入ったデザインを選ぶと雰囲気が出ます。

・変わったのぼり

のぼりには種類があるので、街でよく見かける定番サイズ以外にもいろいろな大きさがあります。

縦型の定番サイズを少し小さくした物、大きくした物は、大きさが違うだけでも印象が変わります。

のぼりは縦型というイメージですが、横型もありますし、横断幕のような大きいサイズも選べます。

◆気になる記事:http://www.iwanichi.co.jp/kitakami/17135.html

・まとめ

のぼりはポリエステル製が主流ですが、発色が良い、扱いやすいという反面燃えやすいというデメリットがあります。

こういう場合は防災加工を施す事もできますので、安全性を重視するならこういった加工をしておくといいかもしれません。

ガソリンスタンドで使うのぼりには、防災加工を施したものが多いです。

他にも火を扱う場所や、通りすがりの人のタバコの火が燃え移る可能性がある時にも、防災加工をしておくと安心です。

既製品にも後から加工ができるので、高い防災性を求めるときにおすすめです。

のぼりを設置するには、いくつかの付属品があると便利です。

のぼりを設置するには、いくつかの付属品が必要です。

のぼりの付属品について紹介します。

・のぼりは旗だけでは使えない

一般的にのぼりというのは、のぼり旗の事です。

ポリエステルでできた色鮮やかな旗を街中でもよく見かけます。

お店の特売日には「本日特売日」、年末の売り出し時には「年末大売出し」などと書かれたのぼり旗を見かける事も多いと思います。

のぼり旗は、旗の部分だけ買っても使えません。

ひらひらと風になびき、目立つように設置するには、付属品が欠かせません。

・のぼり設置に必要な物

のぼりを設置するには、ポール、それからポールを置く台が必要です。

ポールや、ポール設置台にはいくつかのカラーバリエーションがあって、これものぼりに合わせて選べます。

ポールは、1本の棒に見えますが、のぼりを取り付ける時は上の部分ものぼりが張るようにするため、横棒が内蔵されているタイプがああ便利です。

のぼりを設置する台は、プラスティック製の軽い物ですが、そこに水を入れて使うのでポールが倒れにくくなっています。

・まとめ

のぼりは縦型が一般的ですが、店の入口に横に飾るタイプには、重りとして砂を入れて使う、砂袋などもあります。

使いたいのぼりのデザインや種類に合わせて、付属品もぴったりな物を選べるようになっています。

のぼり旗を初めて注文する時は、付属品も一緒に注文します。

そうすれば商品が届いたらすぐに設置できます。

付属品がないと設置できないので注意してください。

オリジナルのぼりを作りたい時は、サンプルも参考になります。

のぼりが必要な時、既製品で間に合う場合と、完全オリジナルデザインを希望する場合があります。

・のぼりのデザイン

のぼりのデザインは数が多いのですが、だいたい使うデザインは決まってきますから、のぼりを扱う業者のサイトから、カテゴリを選んで、好みのデザインを探して注文するだけだから、意外とすぐに見つかります。

例えば街でもよく見かける「大売出し」や「大感謝祭」、「セール」などもいくつかデザインがありますが、ここはお店のイメージで決めてもいいし、目立つデザインを選ぶなど、自由に決められます。

ただしオーダーメイドの場合は、希望のデザインを伝えておく必要があります。

・デザインデータ

のぼりをオーダーメイドする場合、おりじなるのぼりを作りたい場合は、イメージや使用するカラー、デザインを伝えますが、これは業者により注文方法が異なります。

ネットで注文を受け付けている場合は、業者のサイトにWEB上で簡単にデザインを選べるツールを使用している事が多いので、それを利用してオリジナルデザインを伝える事ができます。

使い方も詳しく説明されていますので、それを見ながら進めれば簡単に注文できます。

・まとめ

のぼりのオーダーメイドを受け付けている業者は、必ずサイト内にオーダーに関する説明と、注文する専用のページがありますので、そこを見ればわかるはずです。

もしも実際に使用していたのぼりのデザイン画や、写真がある場合はメールにそれを添付するとわかりやすいです。

のぼりを印刷している業者に依頼すれば、幅広く対応してくれます。

のぼりが必要な場合、どこに注文したらいいか?

これについて紹介します。

・のぼりの注文

のぼりのちゅうもんは、専門の業者があるので、まずは業者を探しましょう。

ネットで探せますから、それほど苦労しないはずです。

業者はいくつかありますので、種類や価格、利用しやすさなどを比較して選びます。

のぼりを送ってもらう場合、送料がかかりますが、いくら以上の購入で送料が無料になる問設定も業者によって異なります。

いくら以上の購入で送料が無料になるのか、ここもポイントです。

大量に注文すれば、送料が無料になる可能性も高いですが、あまりたくさん必要ではない場合、いくらから送料が無料になるのかもポイントです。

オーダーメイドする場合は、手数料が幾らになるのかも見ておくと安心です。

・注文の仕方

注文の仕方は業者のサイトを見て、欲しい商品を選び注文するというのが一般的です。

ここは通販で他の商品を購入するのと同じですから、あまり難しく考えなくてOKです。

商品到着までの期間はそれほど変わりませんが、業者がある地域がどこかも関係してきます。

注文する人が北海道で、業者が沖縄という極端に離れている場合は、日数がかかる事はありますが、在庫があればすぐに発送してもらえるので、数日あれば届きます。

・まとめ

商品到着まで何日かかるかなども、注文する時の比較ポイントです。

のぼりを販売している業者はいくつかあるので、発送にかかる期間や価格など比較してみましょう。

のぼりを作る時は、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

のぼりの価格については、業者による違い、種類による違い、デザインによる違いがあります。

・のぼりの価格について

のぼりの価格については、のぼりを製造販売している業者による違いもありますし、デザインが違えば使用するインクの種類も変わるので、価格も変わってきます。

また既製品は価格が安い物は多いですが、オーダーメイドになると少し価格は上がってきます。

どんなのぼりを希望するかにより、価格は変わりますので、のぼりを扱っている業者を比較してから決めるのがおすすめです。

・まとめ買い

業者による違いもありますが、大抵は1本から購入できます。

単価も業者によって変わりますが、大体1本500円から600円台のところが多いです。

のぼりを印刷する時に、インクのシミが付いてしまう事があります。

大きく目立つシミの場合は商品になりませんが、よく目を凝らさないと見えないような小さいシミがあるものを、訳あり商品として安く販売する事があります。

コストを抑えたい場合は、こういう訳ありで見た目にはほとんどわからない物を選ぶのもいいかもしれません。

・まとめ

訳ありの商品なら、それほど違いはわかりませんし、安く済むのでメリットは多いです。

ただし安いのぼりはそれだけ注目されるので、意外と早く売れます。

ただしこういった印刷ミスは、たまにしか起きませんから、欲しいときにあるとは限りません。

また本数もそれほど多くはないので、見つけたら早めに注文しておくと安心です。