のぼり活用術 のぼりは、街を歩いていてもよく見かけますが、いくつか種類があるのを知っていますか?

Category Archives: のぼりの便利性

のぼりにはたくさんのデザインがあります。

のぼり旗はイメージ合わせてたくさんのデザインから選べます。

・のぼりデザイン

のぼりのデザインは、業者による違いはありますが、種類が豊富です。

既製品から選ぶ場合は、いくつか定番のデザインもありますので、そこから選んでおけば間違いないでしょう。

例えばセールしている日に使いたい場合は、「セール」というのぼりの中から好みのデザインや、店のイメージに合うデザインを選ぶという感じです。

同じセールでも季節感を出したい場合は、色を変えるとか、季節の文字が入ったデザインを選ぶと雰囲気が出ます。

・変わったのぼり

のぼりには種類があるので、街でよく見かける定番サイズ以外にもいろいろな大きさがあります。

縦型の定番サイズを少し小さくした物、大きくした物は、大きさが違うだけでも印象が変わります。

のぼりは縦型というイメージですが、横型もありますし、横断幕のような大きいサイズも選べます。

◆気になる記事:http://www.iwanichi.co.jp/kitakami/17135.html

・まとめ

のぼりはポリエステル製が主流ですが、発色が良い、扱いやすいという反面燃えやすいというデメリットがあります。

こういう場合は防災加工を施す事もできますので、安全性を重視するならこういった加工をしておくといいかもしれません。

ガソリンスタンドで使うのぼりには、防災加工を施したものが多いです。

他にも火を扱う場所や、通りすがりの人のタバコの火が燃え移る可能性がある時にも、防災加工をしておくと安心です。

既製品にも後から加工ができるので、高い防災性を求めるときにおすすめです。

のぼりを設置するには、いくつかの付属品があると便利です。

のぼりを設置するには、いくつかの付属品が必要です。

のぼりの付属品について紹介します。

・のぼりは旗だけでは使えない

一般的にのぼりというのは、のぼり旗の事です。

ポリエステルでできた色鮮やかな旗を街中でもよく見かけます。

お店の特売日には「本日特売日」、年末の売り出し時には「年末大売出し」などと書かれたのぼり旗を見かける事も多いと思います。

のぼり旗は、旗の部分だけ買っても使えません。

ひらひらと風になびき、目立つように設置するには、付属品が欠かせません。

・のぼり設置に必要な物

のぼりを設置するには、ポール、それからポールを置く台が必要です。

ポールや、ポール設置台にはいくつかのカラーバリエーションがあって、これものぼりに合わせて選べます。

ポールは、1本の棒に見えますが、のぼりを取り付ける時は上の部分ものぼりが張るようにするため、横棒が内蔵されているタイプがああ便利です。

のぼりを設置する台は、プラスティック製の軽い物ですが、そこに水を入れて使うのでポールが倒れにくくなっています。

・まとめ

のぼりは縦型が一般的ですが、店の入口に横に飾るタイプには、重りとして砂を入れて使う、砂袋などもあります。

使いたいのぼりのデザインや種類に合わせて、付属品もぴったりな物を選べるようになっています。

のぼり旗を初めて注文する時は、付属品も一緒に注文します。

そうすれば商品が届いたらすぐに設置できます。

付属品がないと設置できないので注意してください。