のぼり活用術 のぼりは、街を歩いていてもよく見かけますが、いくつか種類があるのを知っていますか?

Category Archives: のぼりの費用について

オリジナルのぼりを作りたい時は、サンプルも参考になります。

のぼりが必要な時、既製品で間に合う場合と、完全オリジナルデザインを希望する場合があります。

・のぼりのデザイン

のぼりのデザインは数が多いのですが、だいたい使うデザインは決まってきますから、のぼりを扱う業者のサイトから、カテゴリを選んで、好みのデザインを探して注文するだけだから、意外とすぐに見つかります。

例えば街でもよく見かける「大売出し」や「大感謝祭」、「セール」などもいくつかデザインがありますが、ここはお店のイメージで決めてもいいし、目立つデザインを選ぶなど、自由に決められます。

ただしオーダーメイドの場合は、希望のデザインを伝えておく必要があります。

・デザインデータ

のぼりをオーダーメイドする場合、おりじなるのぼりを作りたい場合は、イメージや使用するカラー、デザインを伝えますが、これは業者により注文方法が異なります。

ネットで注文を受け付けている場合は、業者のサイトにWEB上で簡単にデザインを選べるツールを使用している事が多いので、それを利用してオリジナルデザインを伝える事ができます。

使い方も詳しく説明されていますので、それを見ながら進めれば簡単に注文できます。

・まとめ

のぼりのオーダーメイドを受け付けている業者は、必ずサイト内にオーダーに関する説明と、注文する専用のページがありますので、そこを見ればわかるはずです。

もしも実際に使用していたのぼりのデザイン画や、写真がある場合はメールにそれを添付するとわかりやすいです。

のぼりを作る時は、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

のぼりの価格については、業者による違い、種類による違い、デザインによる違いがあります。

・のぼりの価格について

のぼりの価格については、のぼりを製造販売している業者による違いもありますし、デザインが違えば使用するインクの種類も変わるので、価格も変わってきます。

また既製品は価格が安い物は多いですが、オーダーメイドになると少し価格は上がってきます。

どんなのぼりを希望するかにより、価格は変わりますので、のぼりを扱っている業者を比較してから決めるのがおすすめです。

・まとめ買い

業者による違いもありますが、大抵は1本から購入できます。

単価も業者によって変わりますが、大体1本500円から600円台のところが多いです。

のぼりを印刷する時に、インクのシミが付いてしまう事があります。

大きく目立つシミの場合は商品になりませんが、よく目を凝らさないと見えないような小さいシミがあるものを、訳あり商品として安く販売する事があります。

コストを抑えたい場合は、こういう訳ありで見た目にはほとんどわからない物を選ぶのもいいかもしれません。

・まとめ

訳ありの商品なら、それほど違いはわかりませんし、安く済むのでメリットは多いです。

ただし安いのぼりはそれだけ注目されるので、意外と早く売れます。

ただしこういった印刷ミスは、たまにしか起きませんから、欲しいときにあるとは限りません。

また本数もそれほど多くはないので、見つけたら早めに注文しておくと安心です。